2010年09月29日

第9回「多感なラジオ」鉄道ファンの話

今回は私の友人O君をゲストに向かえ、O君の趣味、鉄道の魅力?について話していただきました。
O君の鉄道ファンぶりは、周りで有名だったんですけど、こうして話を聞いてみると、最近はあまり熱心でないとか・・・・という事で、あまり盛り上がらなかった感があります。

20100929001.jpg

鉄道模型の上にボイスレコーダーを置いて収録したんですけど、O君がNゲージを動かしたりして、思った通りの雑音で聞きにくくなっています。


DLはこちらから


デオデオのプラレール

チャレンジ20000km

ジョイフルトレイン




にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村
posted by takan at 20:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうしたO君テンション低いぞ!
まあ子供の遊び相手しながらなので
とびとびになったがな
Posted by 千伶 at 2010年09月30日 17:58

>千伶さん。

ですな〜、テンション低かったです。
まあ、彼は普段もあまりテンション高くないですからw。

ちょw もっと真剣に聞くように!ww。
Posted by takan at 2010年09月30日 20:06
O君というのは、いつぞやにtakanさんのブログで記事になってた人ですかね〜?
Nゲージ専用の部屋があるとかなんとかw

それにしてもいろいろなものにはホントいろいろなファンがいますね〜。
そしてそこにはカメラマンもw
野鳥とか撮るときも鉄道写真と一緒で、先に来てた人の前に立たないってルールがあるんですが、どこの世界にも無法者がいますね^^;
だいたいそれで喧嘩になってますわw
んで、傾向としてはいい機材(上等な機材ねw)を持ってる人ほど横柄ですねw
あ、車社会でも同じかw
上等な車を乗ってる人って横柄な運転する人多いですねw
まぁ世の中そんなもんなんですかねw

鉄道の写真はホント、マナーの悪い人って時々テレビでやってるけど、人と違う写真が撮りたいがために立ち入り禁止区域に入って、危険とみなされて電車を止めるような結果になってたりw
あとで莫大な請求されるらしいですね〜( ̄∇ ̄;A
ああいう人間はアホですなw

僕はテッちゃんではないけど、Nゲージは好きですw
なんか見てて夢があるというか、Nゲージでジオラマとか作ってるのを見るのが大好きです。
特にレトロのなんかいいですよね。
しかしお値段がびっくりなほど高いですw
自分では買えないので見るだけ^^;
そんなわけで、いつかさいたま市にある鉄道博物館にも行ってみたいわけですがw

ところで、O君はめっちゃマイペースな感じですか?ww
今までのtakanさんのラジオのゲストの方たちとはまた違った感じで、ごっつい飄々とした感じなしゃべり口ですね(*´pq`)クスッ
Posted by こうもり at 2010年10月03日 19:49

>こうもりさん。

あ〜、そうです、そういやブログでそういうことを書いたな〜。
これはその、Nゲージ専用の部屋で収録しましたよw。

色んなファンがいますね〜、野鳥でもそんなルールを破る無法者がいるんですか?
それってルールっていうか、普通に常識の問題ですよね〜。
ケンカになるって聴くと、チョット物騒な気がしますけど、、特に大阪だとww。
車でもそうですかね〜、でも車だとベンツとかその手の車だと、横柄な運転をされても逆にこっちがビビッちゃいますけど。

そうそう、TVでも鉄道マニアの悪行をしてましたね〜。それを見るたびにO君をおもいうかべていたんですけどw。
鉄道関係だと、ホント凄い請求されるみたいで、多分鉄道マニアならその辺りの事はよくご存知そうだけど、やってしまうんですね〜。ホントアホですわw。

Nゲージは、私も弄らせてもらいましたけど、ホント面白いですよ〜。
何か童心にかえってしまいますw。チョット欲しくなったりしてw。
ちなみにお値段を聞いたら、パソコンを買うくらいかな〜、あと場所を取るのでホント趣味じゃないとやれませんよ。

O君は、確かにマイペースな感じです。まあ今までの人も、マイペースといえばそうなんですけど。 でもまあ、O君はチョット毛色が違うかも知れないです。
Posted by takan at 2010年10月03日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。